ディプロマ・ポリシー

学位授与の方針について

目白大学短期大学部共通

目白大学短期大学部は、教育基本法等の法令並びに建学の精神「主・師・親」に基づき、国家・社会への献身的態度、真理探究の熱意、人間尊重の精神を体得し、創造的な知性と豊かな人間性及び応用的諸能力を備え、わが国の発展、国際社会の平和と福祉に貢献する主体性のある人材の育成を目的として、学生を「育てて送り出す」教育を実践する。
本学は、在学年数、単位数等の卒業要件を満たし、以下の能力を身につけ、所属学科のディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)に適合した短期大学士の課程を修了した者に、短期大学士の学位を授ける。

  1. 社会に目を向け、多様な視点からものごとを考え、課題解決に向けて学び続けることができる。
  2. 専攻する分野の基礎的知識や技能、技術を修得し、活用することができる。
  3. 豊かな人間性に根ざした教養とコミュニケーション能力を持ち、責任ある社会的行動をとることができる。

生活科学科

  1. 生活全般に関する事柄について、基礎となる知識を身につけ、問題を適切に判断することができる。
  2. 修得した知識を活用し、健康で快適な生活を創造することができる。
  3. 生活全般に対する好奇心と問題意識を持ち、豊かな人間性を身につけ、責任ある社会的行動をとることができる。

製菓学科

  1. 食についての基礎的な知識、製菓に関する専門知識を修得し、適切な判断をすることができる。
  2. 諸材料の特性を理解、把握し、それを活かした安全で美味な菓子を製作することができる。
  3. 食に関する好奇心と問題意識、新しい食文化を築き上げる創造力を持ち、責任ある社会的行動をとることができる。

ビジネス社会学科

  1. ビジネス社会に必要な基礎的な知識を身につけ、問題解決に向けて適切に判断することができる。
  2. 社会全般の諸問題について、情報リテラシーを活用してコミュニケーションを図ることができる。
  3. 社会に対する関心を持ち、自らの立場から社会の変化に対応し、責任ある行動をとることができる。