製菓学科

Department of Confectionery Arts

製菓実践コース

製菓技術を磨く

製菓技術を磨く、実習が中心となるコースです。製菓技術を基礎からしっかりと学び、専門性を深めていきます。また、商業ラッピング検定やカラーコーディネーター検定など、菓子の製造・販売に役立つさまざまな資格取得を目指すことができます。
他学科の授業を幅広く履修することも可能で、将来の可能性がさらに拡がります。

カリキュラム

卒業までに
必要な単位数
68単位
基礎教育科目

基礎教育科目は、高校から短大の学びへとスムーズに移行し、将来の進路へつなげるキャリア形成科目と、社会人に求められる知識や思考を身につけるための教養科目から構成されています。

基礎教育科目について
専門教育科目
  • [ ]の数字は単位数
  • は必修科目
  • ※はどちらかを選択必修
製菓の知識 1年次 食品衛生学Ⅰ[2]
食品衛生学Ⅱ[2]
公衆衛生学Ⅰ[2]
栄養学[2]
製菓理論総論Ⅰ[2]
製菓理論各論Ⅰ(洋菓子)[2]
製菓理論各論Ⅱ(和菓子)[2]
製菓理論各論Ⅲ(製パン)[2]
食品学[2]
2年次 衛生法規[2]
製菓の技能 1年次 基礎実習Ⅰ(洋菓子)[2]
基礎実習Ⅱ(和菓子)[2]
基礎実習Ⅲ(製パン)[2]
基礎実習Ⅳ(総合)[1]
専門実習Ⅰ(洋菓子)[3]
専門実習Ⅱ(和菓子)[3]
2年次 専門実習Ⅲ(製パン)[2]
専門実習Ⅳ(総合)[1]
応用実習Ⅰ(洋菓子)[2]
応用実習Ⅱ(和菓子)[2]
応用実習Ⅲ(洋菓子)[3]※
応用実習Ⅳ(和菓子)[3]※
製菓の広域 1年次 ラッピング実習[1]
社会Ⅰ[2]
カラーコーディネート論[2]
2年次 販売実践[2]
カフェ実習[2]
シュガークラフト実習[2]
日本の技[1]
製菓フランス語 [1]
社会Ⅱ[2]
ディスプレイ実習[1]
セミナー 1年次 -
2年次 製菓学セミナーⅠ[1]
製菓学セミナーⅡ[1]
短期大学部共通科目

専門教育科目の1つとして、学科の枠を越えて履修できます。リテールマーケティング(販売士)検定や秘書検定、簿記検定など、社会に出て役立つ資格の取得につなげることができます。

短期大学部共通科目について
自由選択科目

所属学科の科目、他学科の開放科目、目白大学(人間学部・社会学部・経営学部・外国語学部)の基礎教育科目(フランス語、ドイツ語、中国語、韓国語、インドネシア語)と単位互換科目、放送大学の単位互換科目から、必要な知識や技能に合わせて自由に選択することができます。

シラバスはこちら