生活科学科

Department of Living Science

授業レポート

  • 生活科学科
  • 授業レポート
  • イベントは終了しました
  • Tags : 短期大学部トップ

「インターンシップ」にて「決意表明発表会」を実施しました

  • インターンシップ_1
  • インターンシップ_2

1年次のキャリア形成科目「インターンシップ」にて、生活科学科で「決意表明発表会」を実施しました。夏期休暇中に参加する企業でのインターンシップに先立ち、7月22日(金)の授業では、インターンシップに臨む決意を各自が発表しました。
「インターンシップ」は、現場での就労体験を通して、働くことの意味や就職活動の方法を学ぶことを目的とした授業です。インターンシップ先の企業は、学生たちに人気の結婚式場、ファッションメーカー、カフェ、アイスクリーム専門店などバラエティに富んでいます。
まず授業では、就職活動の準備の一環として、各自がインターンシップ先全社について企業研究を行いました。続いて、研究結果をグループ内で発表し、調査方法により得られる情報の量が異なることや、学生によって企業研究で重要だと考える視点が異なることなど、就職活動にも役立つ知識を身につけました。この企業研究の結果を踏まえ、学生自身が希望するインターンシップ先を決定。その後の授業では、ビジネスマナーやコミュニケーションスキルを学び、実際に働く場面を想定した準備を重ねました。
そして迎えた授業の最終日が「決意表明発表会」。インターンシップ参加にふさわしい身だしなみで、自分がインターンシップ先の企業を選んだ理由や、何を学びたいか、どんなことに気をつけたいかなどを力強く発表しました。選択理由には「将来カフェを起業したいから」、「ブライダル関係の仕事が夢だから」など、目標とする進路を見据えたものが多く挙がりました。また「ショップの裏方では、お客様対応以上にコミュニケーションスキルが求められる」、「実際に商品のアイスクリームを食べてみた。そのおいしさをお客様に上手に伝えたい」、「暑い時期には健康管理が重要」など、各企業の特色を踏まえた抱負も。それぞれが緊張しながらも熱い思いを語り、インターンシップへの準備は整ったと感じさせる会になりました。