お菓子には人を笑顔にする魔法がある 製菓学科

お菓子を前にすれば、みんながハッピーな気持ちになる。笑顔がこぼれ、会話がはずむ。そんなお菓子作りを、洋菓子から和菓子、パン作りまで基礎から丁寧に学んでいきます。
作る楽しさ、食べてもらう喜びを感じながら、日々ステップアップ。
プロのパティシエはもちろん、商品開発から販売まで、お菓子を通して笑顔を届けたい!というあなたの夢を応援します。

製菓学科のここがポイント

POINT1.技術を極めるコースと 製菓衛生師を目指すコース

製菓学科は、技術面を極める製菓実践コースと、 国家資格取得を目指す「製菓衛生師コース」の2コースを設置しています。

【製菓学科】2016年度より製菓衛生師コース新設

  • 製菓実践コース

    製菓技術を磨く、実習が中心となるコースです。製菓技術を基礎からしっかりと学び、専門性を深めていきます。また、商業ラッピング検定やカラーコーディネーター検定など、菓子の製造・販売に役立つさまざまな資格取得を目指すことができます。 他学科の授業を幅広く履修することも可能で、将来の可能性がさらに拡がります。

  • 製菓衛生師コース

    国家資格「製菓衛生師」の取得を目指すコースです。2年次秋の国家試験受験に向けて、1年次春学期より実習と並行して、製菓理論や公衆衛生について学ぶほか、国家試験に向けた対策講座など、製菓技術を高めながら国家資格の取得を目指します。教室での講義が中心となり、製菓衛生師試験に必要な知識を身につけます。

POINT2.洋菓子、和菓子、パンを同時に習得できる

製菓学科の大きな特徴は、洋菓子・和菓子・パン作りの3つの技術を一度に学べること。お菓子作りの基本を幅広く学び、2年次で洋菓子と和菓子どちらかを選択します。基礎を幅広く学べるだけでなく、自分の適性と関心を見極めた上で専門を選ぶことができます。

夢を叶える2つのジャンル

  • 1年次はスポンジやパイ生地など基本的なものからステップアップしていきます。2年次はとくに難易度の高いチョコレート、皿盛りのデザート、キッシュなどの惣菜も製作し、パティシエの仕事を網羅します。実習前に必ず材料の特性や作業のポイントなど理論を学び、たとえ失敗しても原因がはっきりつかめるようにします。ヨーロッパの歴史的背景や文化事情なども学び、より理解を深めていきます。

  • 1年次は小豆と砂糖といった和菓子の材料の特徴から学び、和菓子作りの基本である「包む」技術をしっかり習得。また、季節感のあるちまきや水ようかんも作ります。ただ作るだけでなく、由来や背景にある日本の伝統行事なども学んでいきます。2年次はより多くの材料を使った上級和菓子に挑戦。「塩梅(あんばい)をとる」、つまり自分なりの感覚で生地の固さなどの加減ができるようになることを目指します。

製パン技術も同時に習得できる

「基礎実習Ⅲ・専門実習Ⅲ(製パン)」の授業では、食パンやデニッシュといった多彩なメニューを用意。製菓技術だけでなく、パン作りに必要な知識と技術を習得することで、将来の選択肢を拡げます。

POINT3.先生は、現役のオーナーシェフや和菓子職人

現役のオーナーシェフや和菓子職人を務める経験豊富な先生から、作業のポイントやお菓子を美しく見せる並べ方など、プロならではのテクニックを学びます。

経験豊富な現役の先生たち

  • 中川 二郎 教授

    Profile洋菓子店「パティスリー キャロリーヌ」のオーナーシェフ。日本洋菓子協会連合会、東京都洋菓子協会所属。TV番組でも活躍。「応用実習Ⅲ(洋菓子)」などにて、専門的な洋菓子製造技術を教えています。

  • 伊藤 浩正 教授

    Profile製菓学科長であり、四季折々の風情を大切にする和菓子店「竹紫堂」の和菓子職人。東京和菓子協会所属。「基礎実習Ⅱ(和菓子)」などにて、和菓子を基本に忠実に作り上げていく技術を教えています。

POINT4.企業とのコラボレーションメニュー開発

老舗の菓子会社と共同で商品開発、販売を行っています。学生による新商品の企画コンテストを実施し、入賞作品を商品化。株式会社ナポリアイスクリームとは「ヘルシージェラート」をテーマとしたアイディアコンテストを開催し、米屋株式会社とは同社の定番商品「ひとくち羊羹」のパッケージデザインのコンテストを実施しました。学生ならではのアイディアを活かしたオリジナルレシピは好評を博し、恒例のコラボレーションとなっています。

企業とのコラボ商品

  • ヘルシージェラート
  • 短大ひとくち羊羹

これらの商品は、日本全国の大学・短大による「食」の研究成果が集結する、新宿高島屋『大学は美味しい!!』フェアにて販売されます。

製菓学科の目指せる資格

  • ■秘書検定 ◇
  • ■ビジネス文書検定 ◇
  • ■日商簿記検定 ◇
  • ■サービス接遇検定 ◇
  • ■リテールマーケティング(販売士)検定 ◇
  • ■プレゼンテーション実務士 ※

※ 卒業時に所定の単位を修得していれば取得可能
短期大学部共通科目等の履修を通して、3学科共通で目指せる資格
資格取得奨励金制度対象資格

目標とする職種

  • ●パティシエ(洋菓子職人)
  • ●菓子などの販売員
  • ●和菓子職人
  • ●食品関連企業の専門職・事務職
  • ●パン職人
  • ●菓子店経営者
  • ●オーナーシェフ など

先輩のおすすめ授業

製菓学科
北村 梨菜さん

専門実習Ⅰ(洋菓子)

生地づくりから仕上げまで、洋菓子の基礎となる技術をしっかり身につけます

私がおすすめする授業は「専門実習Ⅰ(洋菓子)」です。
先生の模擬実技を見たあとすぐに自分たちの実践に移ります。先生は親身で優しく、質問のしやすい環境なので、正しい製造技術を確実に身につけることができています。

作ったお菓子を自分たちで実際に販売する機会もあり、売り物として成立する製品に仕上げる技術も必要不可欠。一つひとつ同じ大きさに保つ作り方や、美しく見せるための切り方なども習得します。

お菓子の名前の由来や歴史、たとえばパリブレストとは二つの地名を合わせた名前で、形は自転車の車輪を模していることなども学ぶことができ、洋菓子の製造・販売に携わりたい私には直結して役立つ授業です。

Photo Gallery

先生や友だちと過ごす授業の様子や、オシャレで楽しい学生生活の様子をお届け!

製菓学科の詳細はこちら
  • キャンパスライフも見てみよう!
  • イベント情報はこちら!