学納金について

2018年度目白短大の授業料、入学金など、各学科の学納金についてご案内します。

2018年度 学納金

[ 最終更新日2017年10月06日 ]

学科第1次入学手続時
納付金
第2次入学手続時
納付金
秋学期学納金初年度合計2年間の
総合計
入学金春学期学納金
(施設設備費含む)
生活科学科
詳細はこちら
250,000円 720,930円 389,000円 1,359,930円 2,497,930円
製菓学科
詳細はこちら
825,930円 409,000円 1,484,930円 2,747,930円
ビジネス社会学科
詳細はこちら
720,930円 389,000円 1,359,930円 2,497,930円

※第1次・第2次入学手続期間に関しては、各入学試験要項などでご確認ください。

  1. 第1次入学手続時納付金は入学金、第2次入学手続時納付金は春学期学納金です。
  2. 学納金は年度ごとに若干改定される場合があります。
  3. 納入された学納金は正規の入学辞退の手続きをした場合のみ、入学金以外の学納金を返還します。ただし、推薦入試合格者により納入された学納金は、理由のいかんにかかわらず返還しません。
  4. 1年次秋学期学納金(9月納付)以降は、口座振替(ご指定の預金口座からの自動引き落とし)により納入していただきます。
  5. 委託徴収費の内訳は、学生会費、学生教育研究災害傷害保険料・学研災付帯賠償責任保険料(各2か年分)、教育後援「桐光会」会費です。
  6. 委託徴収費は保険料の変動等により若干変更になる場合があります。
  7. 施設設備費は2年次にも徴収します。
  8. 研修、演習旅行、見学等の行事費用は別途徴収します。
  9. 生活科学科においては、学科が指定する科目を履修した場合、3千円から8千円を実験実習費として別途徴収します。
  10. 製菓学科においては、製菓衛生師コースを選択した場合、7万円を課程費として別途徴収します。

留学生に対する授業料等減免措置について
(外国人留学生特別入試で合格した方)

本学では、私費外国人留学生(進学または勉学を目的として来日し、入学手続後に日本国の「出入国管理及び難民認定法」に定める「留学」の在留資格または「難民」の認定を取得できる方)に対して、本人の申請に基づき授業料等の減免措置を講じています。
減免率は30%です。本人の申請に基づき、大学が審査を行い、人物・学力とも優秀と認められ、経済的に困窮している方に限り適用されます。在学中に在留資格の変更など、身分に変更があった場合はこの限りではありません。