新着情報

介護福祉コースの授業にて卒業生が講話を行いました

 

6月12日(木)、目白大学短期大学部生活科学科介護福祉コース1年次の授業『介護総合演習Ⅰ』に、昨年3月に本学を卒業し現在介護現場で活躍している輿石樹里さんと武士鈴香さんのお二人をお招きして、講話をして頂きました。 輿石さんは高齢者グループホームに勤務しており、高齢者と一緒に食事を作るなど、ふれあいを大切にしながらお仕事をされているそうです。「入所者の方と一緒に生活しているようで楽しく働いています」と、仕事のやりがいについて語ってくださいました。 有料老人ホームに勤務の武士さんの日々心掛けていることは、「入所者の希望を尊重して質の高いサービスを提供すること」。また、施設ではレクリエーションが充実しており、フラダンスや書道などにも取り組みの幅を広げていることなどを話すと、感心したようにうなずく学生の姿も見受けられました。  学生からは「自分たちがこの夏に取り組む介護実習が楽しみになった」「グループホームで働きたい」などの声も多く聞かれ、さまざまな学びと刺激を受け取ったようでした。

  • 介護福祉コース
  • 介護福祉コース
  • 介護福祉コース