研究・社会貢献

  • 目白大学短期大学部
  • 研究・社会貢献
  • 短大
  • イベントは終了しました
  • Tags : ビジネス社会学科, 生活科学科, 短期大学部トップ, 製菓学科

「平成27年度 目白大学短期大学部公開講座」の第1回目を開催しました

6月20日(土)、新宿キャンパスにおいて、「平成27年度 目白大学短期大学部公開講座」の第1回目を開催しました。全3回のうち初回となった当日は「郷土料理百選の技術を体験!~太巻き祭りずし~」をテーマに開講。千葉県郷土料理研究会の峯岸喜子氏と関喜代子氏を講師にお招きし、千葉県の伝統料理でお祝いごとには欠かせない「太巻き祭りずし」をご指導いただきました。講座では受講生の方々がそれぞれ彩り鮮やかな「薔薇の花」模様の太巻きに挑戦。模様に必要なパーツ作りからお寿司の巻き方までの工程をすべて行いました。最初の作業である「薄焼き卵」作りでは、先生が上手に焼くコツを伝授。受講生からは「今まで上手に焼けなかった理由がわかった!」との声もあがり、先生方のレクチャーに終始感動しているようでした。また、作業の合間には、手間暇かけて育てられた食材を無駄にしないなど、材料や道具を使用する上での心構えや気遣いについてもご教授いただきました。
大きな金太郎飴のように巻き上げられた太巻きずしを先生が切って見せると、受講生からは感嘆の声が。「桃の花」や「あげ羽蝶」模様のデモンストレーションもしていただき、受講生は初めて接した太巻きずしへの興味が深まったようです。試食の時間は、それぞれが仕上げた作品を見せ合いながら、和やかな語らいの場となりました。


  • 「海苔には裏表があるのよ、
    知ってた?」

  • このパーツは薔薇の花の
    どの部分になるのでしょうか?

  • きれいな仕上がりにホッと
    します!

  • 薔薇の花がついに完成!
    食べるのがもったいないです

  • 「桃の花」!太巻きずしはバリエ
    ーション豊かです

  • 海苔の代わりに卵焼きで巻いても
    かわいいですね